L ID

      創業

      社会実装に必要なリバネス的「製造の教養」(研究開発型ベンチャーに必要な「製造」の考え方 vol.1)

      サムネイル

      研究開発型のベンチャーがその技術の社会実装を目指すためには、製造の知見が必須となります。しかし同時に、多くの研究者にとって「製造」は未知な領域でもあります。そこでこの連載では、プロトタイプ作製、モックアップ品、PoC、量産化、スケールアップなどでお困りの研究者・ベンチャーの皆様に対して、なんとか一歩ずつでも社会実装を進めるための知識を紹介していきます。 →noteでも連載中!

      タグ


      この記事をブックマーク

      研究や技術の社会実装は、とても大変だ。

      はじめまして。株式会社リバネス・ものづくり研究センターの長です。

      近年、大学の研究成果をもとに培った技術を社会に活かしていこうという動きがより盛んになっており、「ディープテック」という言葉も市民権を得てきました。

      ”ディープテックとは:社会に根ざした深い課題(ディープイシュー)を解決するための科学技術の集合体のこと。一つの企業が持つ単体の技術を指すのではなく、複数社の技術を適切に組み合わせていくところに特徴がある。 ーディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」丸 幸弘,尾原和啓 (著) 日経BP,2019.”

      リバネスでは、2013年からTECH PLANTERという取り組みを開始し、日本や世界中研究者の社会実装を支援してきました。その中で、ディープイシューの解決を志す数多くのスタートアップが生まれ、我々も伴走してきました。

      私が伴走支援で強く実感するのは「研究や技術を社会に実装し、新しいことを成すことは素晴らしくやりがいがある一方で、その実行はとても大変だ」ということです。

      例えば、研究開発型ベンチャー企業は、研究開発だけでなく、法務や財務や会社運営など多くを並行して成し遂げながら、技術のブラッシュアップする必要があるのです。

      実際にはこれらを一人の力で全てを完璧にする必要はありません。チームを作って臨めば、さまざまなプロフェッショナルが助けてくれるエコシステムも生まれつつあるからです。

      プロフェッショナルの例として、弁護士・司法書士・税理士など各種士業や町工場など製造の知見を持つ会社があります。しかし、「製造」に関する領域は、「どのように進めていくのか」、「プロフェッショナルをどう活用するのか」の情報があまり存在しないのが実情です。

      製造のプロになる必要はない。必要なのは「パートナー」と「教養」。

      製造に関しての知識を少しブレイクダウンすると「企画」や「設計」、「部材の調達」、「加工」、「アセンブリ」、「ソフトウェア開発」などが含まれます。いずれも学び始めると広範で大変奥深いものです。

      そのため、製造の経験のないベンチャーにとっては暗中模索となりがちです。以下の様な声もよく聞きます。

      "・全体感がわからず、製造の何から手をつければいいか分からない
      ・どの様なプロフェッショナルが存在するのか分からない
      ・プロフェッショナルに出会う機会が作れない
      ・プロフェッショナルの手が借りられるところと、そうでないところの差が分からない "

      ただし、実際にやってみると、「製造」にはコツやノウハウ、加えて粘り強さなど必要ではありますが、「プロフェッショナルとの協業」の部分は選ばれし人しかできないといった高度なものではもありません。

      そこで、この連載では研究開発型ベンチャーが「製造」に取り組めるような情報を提供していきます。

      製造に関する情報といっても、製造のプロフェッショナルになるための知識を身につけるわけではありません。さまざまなパートナーとともに、技術の社会実装を進めていく際の「製造の教養」を紹介できればと思っています。

      鉄則その1。「製造する」にも様々な種類がある。

      そこでまずは、研究開発型のベンチャー企業がビジョンを実現していくために必要な「製造」を俯瞰して紹介していきます。特に、研究開発型ベンチャーが製造するにあたり話題になる、様々な「製造」に関する用語の意味の違いについて説明します。

      「研究で良い成果が出た」もしくは「プロトタイプを用いて、原理検証ができた」。それ自体は非常に喜ばしいことです。しかし、その後の社会実装へ至るまでの道のりは相当に長いのが一般的です。

      本当に現場で使えるの?
      所詮、ラボレベルでは?
      と言われて、先に進めないことがないようにしなくてはなりません。

      研究開発型ベンチャー企業の社会実装に向けたステップというと「量産」や「製品の販売」、「大企業との連携」、「銀行やVCからの資金調達」などが頭に浮かぶかもしれません。これらの項目が非常に重要であることは間違いありません。しかし、それらを進めていくためにも製造の教養はとても役立ちます。

      例えば、物を売って、他の人に買ってもらう。日々行われているそんな単純なことでも、買い手は物に対してメリットを期待し、製品品質という形で売り手のことを信頼することで成立します。

      つまり、創業してすぐのベンチャー企業が外部に協力してもらうには何らかの方法で信頼を勝ち取り、期待感を持たせなくてはなりません。

      そのための手っ取り早い手段の一つが「具体的にものを作り、成果を出すこと」です。すなわち、製造の要素が絡んでくるのです。

      製造に関するキーワードを確認する

      まずは、製造が関わるキーワードを整理してみましょう。

      随分色んな種類がありますね。

      これらに関しては、それぞれ「何を成し遂げたいのか」をきちんと設計して実行する必要があります。しかし、多くの場合、製造はベンチャー内だけでは完結できないということが問題になります。

      当然、自分たちの力で試行錯誤をしながら開発進めないといけないというフェーズや段階も存在します。特に、要素技術の確立はそういった泥臭い作業の積み重ねの末に成し遂げられるものでしょう。

      しかし、あるフェーズまでにいくと、その道のプロの力を借りる必要があります。

      なぜなら、個人でのものづくりと、外部に適切に評価される「製品」を作るための製造の間には大きな隔たりがあるからです。

      そもそも設計や加工が高度で手に負えないという側面もありますが、量産に向けての考え方や安全性や規格への対応等は広範で深い知識が必要になるのです。

      では、どのように異なるのか。今後の連載では、その具体例について書いていこうと思います。

      この記事をブックマーク

      登場人物をフォロー


      著者


      関連記事

      リバネスIDにユーザー登録する(無料)

      ブックマーク、フォロー、新着コンテンツのお知らせなどをご利用いただけます

      リバネスIDは研究者の知識製造を加速させるためのプラットフォームです( →リバネスIDとは